NEWS新着情報

  • 2022.1.20
  • お知らせ

「セラミックガイドピン&セラミック複合ピン」拡販キャンペーン

2022年、昨年夏に立ち上げたセラミックガイドピン加工が、流れが完成しお客様にも認知し始めてきました。

そこで、今年はよりこの商品を知っていただきたく、拡販に力を入れてまいります。

    セラミック&複合ピン     ←画像拡大
  セラミック複合ピン解説  

溶接で使用される位置決めピンは、絶縁体でなければならないため、セラミックスを材料にしたピンの使用が増えています。

セラミックス材には、ファインセラミックスを使用しています。

一般に位置決めピンとして使用されているKCFガイドピンよりも、かなり高価な商品になりますが、KCFの様に被膜がはがれることがないことから長寿命という長所があります。

そんな高価な商品にはなりますが、長寿命という利点から交換頻度が少なくなり長い目で見てコストが下がる。ということができます。

また、ロボット用セラミックピンになりますと、ロボットにネジで固定しなければなりません。

セラミックスは大変硬いことから、ネジ加工にかなりのコストがかかります。セラミックス材だけでネジ加工も施すとなりますと、加工できる工場も少ない現状です。ただでさえ高価なセラミックピンですが、ネジ加工を施しますと加工賃がかなり高くなり、1本がびっくりする価格になります。

㈱デンキョクでは、ピンの部分はセラミックスで加工しネジ加工の部分はステンレス材を用いて、この2つを合体させる加工を行っております。ステンレスは材料代も安価ですし、ステンレスへのネジ加工は特に困難な加工ではないため加工賃も抑えられます。

上記から、㈱デンキョクではロボット用セラミックピンをご要望の方には、セラミック複合ピンのご提案をさせていただいています。

セラミックガイドピン・セラミック複合ピンで何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

一覧に戻る

お問い合わせ